25日目:全員帰宅@わが家。

  • 2014.05.20 Tuesday
  • 22:34


出産からちょうど2週間、ようやく奥さんと長女がわが家に帰宅。
もう遠い昔のように感じますがまだ2週間なんだなー。

最初の1週間は入院。プチ難産のため、当初より2日間延長になりました。
毎日保育園を少し早めに迎えに行って、長男連れて病院へお見舞い。

ただ、面会は熱がないことが条件。
新生児はまだからだが弱いため、兄弟でも37℃を越えたら会えないという
幼児にはなかなかハードルの高いルールでしたが、奇跡的に1週間すべてクリア。
(うちの子は平熱が37℃なので本当に奇跡でした)
毎朝送るときに「保育園じゃない、病院に行くの」と泣きべそかいてた長男が
病棟のお見舞いでニコニコしている顔をみているとほっとしました。


その後は1週間奥さんの実家にお世話になることに。
ここからは入院中に比べたら義父母の協力をかなり借りることができたので
負荷は大分減りました。

少し余裕ができたので、僕自身も長女のことをみることができたし、
何より長男にとっても終日相手をしてくれる大人が増えるのはよいこと。
朝5時起きで「おなかすいたの」とパンを要求したり、
「もう遊ぶから起きて」と言ったり、ということはあったけれども、
長男からしたら自分以外にかまわれる存在が登場するという一大事なわけなので
その程度であれば全然OKかなと。


そして、みんな帰ってきました。
いよいよ今日から本当に親子4人の生活がはじまる。
多分寝不足になるんだろうな、とか、
長男も少しずつ本音で思っていることがでてきそうとか、
奥さんと数ヶ月も一緒に過ごすことって初めてだな、とか
いま思うことはいろいろ。

それもあくまで想定でしかないので、
そのときの状況を、受け入れて楽しく過ごしたい。
今日からがスタートな感じです。


 

21日目:参考にしている男性育休先輩のブログ。

  • 2014.05.16 Friday
  • 22:56
本当は過去にさかのぼって育休の経緯を書きたいのですが、
意外とまとまった時間がとれておらず…。
そこで、自分が参考にしているブログの中でも
特に頻繁に閲覧していたブログを3つに絞って紹介します。

男性で育休とった人ってあまり聞かないと言われるのですが、
ネット上で調べてみると先輩がすでにたくさん。
ご興味ある方もない方もぜひぜひご覧ください。

外資系IT企業につとめる男性社員の育休日記!


2013年の夏にみつけて以来、
ずっとお世話になっている、いちのせきさんのブログ。
(実際にお会いして、いろいろ相談にものってもらいました)

育休に興味がある方は、
「育休について勉強!の記事をピックアップ」だけでもぜひ。
休み中のお金って大丈夫?とか、職場の方への説明って?など、
何も知らなかった僕は本当に勉強になりました。

タグのつけ方もフェーズ別(育休前、育休中など)になっているので、
初心者からすると知りたい情報を検索しやすくて助かります。

R人事の育休男子日記


こちらは人事マネジャーで5ヶ月の育休をとられた佐藤さんのブログ。
実は同じグループ会社の方なのです。お会いしたときの話はこちらをぜひ。

人事でキャリアカウンセラー資格も持っている佐藤さん。
特に、上司や社長との育休交渉の話はキャリアの話も含めて、
とても臨場感があります。

また、毎日更新されている日記の様子から
かわいい娘さんの成長と、ちょっとした心境の変化が
率直に綴られていて、5ヶ月の育休を疑似体験した気分になれます。

“元”深夜2時帰宅の男の育休日記


「元」の言葉にあるように、バリバリ働いていたところから
働き方を見直していったプロセスがわかる荒木さんの日記です。

実際にお会いしたことはありませんが、一つ一つの記事が読みやすい。
また、復帰後の働き方の見直しについても、
実践してみて一つ一つ検証されている姿勢がすばらしいな、と思ってます。


(おまけ)

冒頭で紹介したいちのせきさんのブログより、
一つだけ特におすすめしたい資料をご紹介します。
それは、上司への育休取得の説明資料です。



育休を取得しよう!と思ったときに気になったのは、
「でも、ただでさえ忙しい職場の方々に迷惑をできるだけ
 かけずにするにはどうしたらいいか…」ということでした。

その際に、たまたまTwitterで流れていた情報から、
いちのせきさんが育休取得を上司の方に説明された際に
つくった資料のテンプレを発見したのです。

僕の場合は、
  • プロジェクト単位の仕事が多い
  • 並行して複数の案件を進めることが多い
  • 関係者がプロジェクトによって違う
ということもあり、
  • プロジェクト体制
  • スケジュール/案件の山場と見通し
  • 今後の進め方と関係者の方々との合意事項
を追加して活用させてもらいました。

これをもとに、取得の半年前(10月頃)から、
定期的に上司と進捗を確認したり、関係者へのみなさんへの広報などを
少しずつ進めていったので多少は安心していただけたのではないかと。
(会社の方もみていると思うのでご迷惑おかけしていたらごめんなさい…、
 復帰後に貢献します…。)


 

7日目:子連れピクニック@新宿御苑。

  • 2014.05.02 Friday
  • 22:29
奥さんの友人夫婦&3ヶ月の息子さんと夏日の新宿御苑へ。

友人夫婦の息子さんは3ヶ月ですが表情も豊かで体格もがっしり。
あーそういえば、自分の長男もこんな時期あったなと
思うもののはっきりとは思い出せず・・・。

記録には残せるけど、感覚は今だけ。
今ここを大切にしようと改めて感じた瞬間でした。

ちなみに、長男は池の亀の数を数えたり、
林の奥に入っていってへびいちごをとったりと満喫した様子。

それにしても、東京の真ん中でこんな自然に触れられるのは幸せです。
木陰は本当に涼しいので読書が最適。
長男が走り回るので当然読めませんが、それもそれでよし。





 

1日目:育休ブログスタート。

  • 2014.04.26 Saturday
  • 12:55


思い立って、育休ブログをつけてみることにしました。
ブログなんて就職活動以来、9年ぶりです。


ブログをつけようと思った理由は、
3ヶ月限定(97日間)ということもあるので備忘録としての意味合いと、
周囲の人からも「ぜひ発信して」という声をいただいたので、
応援してくださる方へのご報告の意味も込めて。

まだあまり多くない男性の育休の一事例として、
記録を残せればと思っています。

いずれ「男性育休ってそんなの当たり前だよね。何言っているの今更」と
言われるときがくることを願って。

------------

非公開でメモとして記録していたものもあるので、
いきなり1〜16日目(5/11)まで見れます。

変則的ですが、
育休に至るまでの話をさかのぼりつつ、
育休中の記事も少しずつ更新していこうと思いますので、
お時間のあるときにでもご覧ください。

一応、手元のメモには過去の出来事も残しているのですが、
いかんせん育休は思うほど自分の時間がとれません。
特に2人目だと、長男につきっきりになるので。
(そうは見えないかもしれませんが…)

更新頻度が心配ですが、宣言した以上、最後までやりきりたいです。
そして、つづくように応援してもらえるとうれしいです(笑)。




 

あと43日:男性の育休経験者の方とランチ@社内。

  • 2014.03.14 Friday
  • 18:33
実は、社内で男性で育休とった方のお話は
あまり聞いたことがありませんでした。

しかし、社内報を見ていたところでマネジャーで5ヶ月も
育休をとられている方を発見!
ぜひお話を伺いたいと思い、すぐに連絡をとってみました。
幸いお返事をいただくことができてランチへ行くことになりました。
(正確に言うと同じ会社ではなくグループ会社の方です)

そして、お会いしたのがリクルートキャリアの佐藤さん。
(下が佐藤さんのブログです。画像をクリックすると開きます)

育休当時は人事のマネジャーだったそうで、
社内での育休交渉のお話からは、佐藤さんの育休取得への本気度と
上司の方が本当に真剣にキャリアを考えてくださっている様子が、
そして、実際に育休を取得してからは、
家事や育児で佐藤さんが感じられたことが率直に綴られていて、
充実した毎日が伝わってきます。

もともと子どもができたら育休はとるものだ!と決めていたのではなく、
バリバリ働きマンから次第に気持ちが変わっていったとか。
今は“イクボス”として20名のメンバーをマネジメントしているお立場。
(イクボスはこちら→http://www.facebook.com/ikuboss

一番印象的だったのは、
「でもマネジャーでよく決断されましたね。」と聞いたところ、
「大丈夫だよ。あと僕ができたんだから他の人も育休とれるよ」と
おっしゃられたことでした。

佐藤さんは人事部のマネジャーだったため
代替はききませんし、実際相当悩まれたことがブログからも窺えます。
ただ、最終的にはそれで違う職種になっても
それはそれでいい経験、と思われたそう。
(そのときのことは佐藤さんのブログに詳細があります
 →「復帰ポジションについて」)

お話を伺っていて改めて思ったのは、結局は自分が決めるか決めないか。
覚悟が先にあって、やり方はその後の話。

それだけに、女性と違い、一見とらなくてもよく見える男性育休に
「いいね」を言ってくれる上司・職場があるのは本当に救われるんですよね。
今の上司・職場には本当に感謝です。ありがたい。

もう休むことにためらいはありません!
(私の場合、同じポジションに戻るため、
 負担をかけてしまう職場の方にはもちろん申し訳なさはありますが…)
忙しい中、お時間をいただいた佐藤さんに感謝です。

さて、育休まであと43日。

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

 

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM