13日目:出産で助かった2つのサービス。

  • 2014.05.08 Thursday
  • 22:57
昨日使ってみて助かったサービスをメモ。

■陣痛アプリ

https://itunes.apple.com/au/app/zhen-tongkitakamo-jinsugu/id672093792?mt=8
陣痛の時刻と感覚を測ってくれるアプリ。
女性にとっては常識かと思いますが、なぜこのようなアプリが必要かというと、
陣痛がはじまると病院に電話して、陣痛の間隔を伝えて入院の必要があるかを確認するからなんです。

最初はこのアプリを知らずに、自分が奥さんから痛みの強さ「強・中・弱」と
時刻を記録して間隔をメモるということをしてました。(手書きの折れ線グラフ)
これがあったら必要なかった…。
あと、痛みが強くなってくるとペンを持つことも辛くなってくる方もいます。
うちの場合は最後はボタンを押すのも大変な感じだったので、一応DLしておいて損はないかと。
ただ、いろいろなアプリがありますが、
「強制終了してしまう」というレビューのあるものは避けた方がよいです。困ります…。


■陣痛タクシー

http://www.nihon-kotsu.co.jp/taxi/use/jintsu.html
大手タクシー会社が類似のサービスを展開していますが、今回は日本交通を利用。
事前に自宅住所とお迎え場所、病院名と送り届け入り口を登録しておくと、
迅速に配車・送迎してくれるというもの。

登録は無料なので保険のつもりで申し込んでおいたのですが、
登録してある電話からかけると優先的につながるし、配車もスムーズ(確認だけなので)。
裏口があったり、一方通行の路地に家があるなど伝えるのに工夫が必要な場合は
事前登録が安心感あるなーと感じました。迷われたら困るので…。

一概には言えませんが通話時間1分、自宅到着まで5〜6分と、焦りがちな陣痛の際には助かりました。
お迎えにきてくれた運転手の方の運転も丁寧で、揺れが辛い妊婦さんにはよいかと。
何より状況をわかってくれているのでこちらも安心。
タクシー会社によっては運転手が救命講習を受けているところもあるらしいです。


 
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

 

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM