スポンサーサイト

  • 2014.09.24 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    75日目:一覧表。

    • 2014.07.07 Monday
    • 22:45


    奥さんの薦めで、冷蔵庫に4週間でつくった料理を紙に書いて一覧にしてます。(予定は鉛筆、実績はボールペン)

    アナログですが、こうしておくとメインの料理と組み合わせる副菜がぱっとわかるので、「今度はこれとこれにしよう」と考えやすいとのこと。

    意外とPCとかWEBで管理するよりもお手軽と使いやすいので重宝します。

    #余談ですが、職場でも紙で見える化すべきものとデジタルで共有すべきものって変わるよなと。コンプライアンスの影響で職場でも紙の貼り出しが減ることのデメリットもありますよね。

    63日目:料理のレパートリー増加中。

    • 2014.06.25 Wednesday
    • 23:20
    できる料理を増やすぞーってことで、2回目に突入したレパートリーをアップ。


    とても楽チンな牛肉のケチャップ炒め。


    鶏ムネ肉をタレにつけてチンしただけ。
    薄く切るとパサパサせずに美味しい。



    小松菜と豚肉の炒め。おろしポン酢でうまい。

    最近はほぼお任せでつくらせてもらっているので楽しい。自分でレシピを探してきてできるものを増やしてます。前は奥さんのレシピに倣ってつくってたのですが、味が似るので家族も飽きる&奥さんも細かい作業が気になるので、いまのやり方に。日々改善です^^

    48-49日目:定番メニュー。

    • 2014.06.11 Wednesday
    • 22:30
    毎日こつこつ続けている料理ですが、
    できるメニューが増えてきたのでアップ。


    肉じゃが。芋が煮崩れしないように、
    少し大きめで。


    ニラとキャベツとカニカマ炒め。
    これ早くてうまいので、復帰後の夕食候補。


    ぶり大根。これは煮汁が想像以上に減ってしまって残念。でも味は○。


    ほうれん草とツナとトマトのサラダ。
    オリーブオイルとにんにくおろしなので、お酒にも合う。大人向き?


    ニラとモヤシの卵炒め。
    これもさっとできるので○。


    鶏もも肉のハニーマスタード炒め。
    皮をこんがりできると旨い。



    ちなみに、うまくて早くつくれる料理は現在2回つくってみてるところ。
    安定してつくれれば、仕事復帰後の定番メニューにしたいなー。

    33-35日目:料理づくり(途中経過?)

    • 2014.05.30 Friday
    • 22:50






    今回の育休テーマになっている料理づくりですが、

    いろんな方々からアドバイスをもらってこんな方向で進めてます。



    ・惣菜をまとめてつくる(ひじきなどの煮物・具だくさんみそ汁、など)

    ・下準備をする(葉ものを切って保存、など)

    ・使いやすい調味料を揃えておく(オイスターソース、クレイジーソルト、など)



    そして、なんとーなく料理ができることを目標にしていたのですが、

    それだと駄目ですね…。今できても忙しくなったときにつづかない。



    ということで、

    「復帰後に平日週5日中、1日分の夕食を担当できるようにする」

    ことをゴールにしてみました。

    (で、もし奥さんが万が一1週間料理できないときは、

     夕食分はなんとか献立がまわせる)



    具体的には、主菜5品目、副菜5品目、汁ものをいくつか、

    つくれるようにする。



    いまほぼできるのは、このあたり。



    ■主菜(たんぱく質のあるもの)

    ・豚肉と茄子のオイスターソース炒め

    ・青椒肉絲

    ・回鍋肉

    ・キーマカレー



    ■副菜

    ・トマトとレタスのデリ風サラダ

    ・コールスロー

    ・ひじきの煮物



    もう少しおなかにたまるもののレパートリーを増やしたい。



    ■汁もの

    ・具沢山みそ汁(要練習)

    ・たまごの中華スープ(要練習)



    料理づくりへの抵抗感はなくなってきましたが、レシピがあっても結構安定感ないんですよね。

    育休中の趣味で終わらないようにがんばりまーす。奥さんからも言われているので(笑)






    27日目:レシピは書くもの。

    • 2014.05.22 Thursday
    • 21:57


    奥さん(師匠)からのアドバイスで、
    レシピを自分で書いて残すことにしています。
    (すでにあるものは加筆でOK)

    ・事前にレシピを読み、ノートに全体像をイメージして段取りを書く
    ・実際にそのノートをもとに料理をつくってみる
    ・出来上がりがOKなら、つくる過程で気づいたことを追記する

    …仕事とまったく同じですね。

    でも、確かにレシピを書くと全体像が見えて作業もスムーズです。
    特に、同時にいくつか料理をつくる場合には最初はこれをした方が、
    どこがヤマ場が見えるのでいいかと。

    計画&実践&ふりかえりは、
    理系研究室出身の奥さんにはかないません…。


     

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>

     

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM